クマの種類|人気のRDクリニックは口コミを参考にして選ぶ

クマの種類

カウンセリング

茶クマ

茶クマは文字通り、茶色みがかったクマのことです。原因としては、メラニンの色素沈着と言われています。茶クマには二種類あり、表皮にできるタイプはシミのような見た目をしているでしょう。紫外線による影響や目のこすりすぎ、化粧を落としきれていないことが原因でできてしまいます。また、真皮にできるタイプの茶クマはアザの一種です。真皮レベルの茶クマは、20歳くらいから現れ始めます。

青クマ

青みがかったクマを青クマと呼びます。血行不良が原因でできるクマです。口コミで評判のRDクリニックでも治療することができるでしょう。目の周りには細かい毛細血管が張り巡らされています。血行不良になると、目の周りの皮膚が透けて見えるのです。皮膚が透けて見えるので、青みがかったクマが現れます。血行不良を引き起こす原因は、主に睡眠不足です。生活習慣が乱れてしまうと現れやすいクマと言えるでしょう。

黒クマ

生まれつきで現れることもあるのが黒クマです。基本的に加齢による影響が原因となります。目の下が凹んでいたり、たるみが発生すると黒クマが現れるでしょう。目の下に脂肪が少ないと、凹凸ができて黒クマができることがあります。黒クマの特徴として、コンシーラーなどで隠すことが難しいことが挙げられるでしょう。理由は、茶クマや青クマのようなシミではないからです。しっかりとした治療を受けることで改善することができます。

クマに悩んでいる方に

カウンセリング

クマの種類

目の下のクマは、RDクリニックで治療することができます。まずは、クマの種類から見ていきましょう。大きく、3種類に分けることができます。

READ MORE
広告募集中